2019年のゴールデンウィークが改元記念日で10連休になるらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日、天皇陛下が2019年4月30日に退位される方向で審議されるのが有力との報道がありました。

となると、翌日の5月1日が改元記念日になり、すごいことになるとネットで話題に。

『10連休になる!』『連休が消滅した』など様々な声が上がっています。

スポンサーリンク

2019年のゴールデンウィークはどうなる?

Twitterで5月1日が改元記念日になった場合のカレンダーを作った人がかなりの数のRTを集めていました。

実際に5月1日が祝日になれば、4月27日~5月6日までの10連休

学生さんや土日祝休みの方々は大歓喜でしょう。

5月病が重篤化しそうですけどね…笑

『2019年はゴールデンウィーク消滅』との声も

土日祝はお休みという人が多いでしょうが、世の中にはそうでない方々もたくさんいますよね。

サービス業の方々など、余計に忙しくなってしまう…と絶望している人も多いのでは。

Twitterではこんな声も。

SEなどのエンジニアの方々は改元に伴いシステム更新の作業に追われるため、こういった声が相次いでいます。

『国民の休日』ってなんだ?

引用:Twitter

先ほどのツイートのカレンダーに話を戻すと、10連休のうち『国民の休日』が2日入っていることがわかります。

『国民の休日』ってなんだ?と思ったので調べてみました。

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)

第3条「国民の祝日」は、休日とする。

2.「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。

3.その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

引用:内閣府ホームページ

とのこと。

なにやら難しく書いていますが、つまり祝日に挟まれた平日は『国民の休日』としてお休みにしますよってことですね。

これによって10連休が実現しているわけです。

スポンサーリンク

5月1日が改元記念日ではない場合のゴールデンウィークは?

『国民の休日』の正体が『祝日に挟まれた本当は平日の日』だということはわかりました。

つまり、5月1日が祝日でない場合…

引用:Twitter

4月30日と5月2日は祝日にならない!

オワタ\(^o^)/

まとめ

2019年のゴールデンウィークは5月1日が改元記念日になる場合は10連休になりそうです。

しかし、5月1日が改元記念日にならなかった場合は飛び石連休になってしまいます。

旅行の計画など、急ぎすぎず慎重に行いましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*